読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

広島撮り鉄旅

行程はこちら
http://d.hatena.ne.jp/type43/20110328/1301328338
道中のツイートはこちら
http://d.hatena.ne.jp/type43/20110402/1301695241http://d.hatena.ne.jp/type43/20110403/1301781653http://d.hatena.ne.jp/type43/20110404/1301868062http://d.hatena.ne.jp/type43/20110405/1301954421



はてなフォトが月間30MB制限とかいう糞な仕様なので、
画像サイズを800⇒600にしました。



広島空港最寄りの白市駅。明らかに駅員が鉄ヲタです。


さっそく貨物がお出迎え。
都内近郊だったら十分に撮影スポットになるクラスのカーブだよなぁ。
EF66-103



広島駅からさっそく芸備線を乗りつぶす。
キハ47-96


三次(みよし)から乗り換えて備後落合へ。
キハ120-322


こっちは開きま線


芸備線は都市近郊路線で、あんまり面白くなかった。



その後は呉に移動。
お約束のてつのくじら館こと、潜水艦あきしお。




明朝はあさイチで忠海駅に向かう。
103系



歩いて10分程度の灯台脇がポイントでした。


振り返ると港を交えた構図も撮影可能。


やっぱこの構図は良い。ただ、はれてりゃなぁ・・・


寒かったけど、忠海駅も近く、トイレには困らなかった。
晴れてりゃいい撮影地だと思う。


港の構図は派手な車両のほうが似合う。
ただ、これは漁船が右に寄りすぎ。


曇だったので、下り車両をアップで。
よくみるとこの構図で撮った奴、全部正面がピンぼけしとった・・・。


ちょっと晴れてきた。海の照り具合が良い!


呉線の花形車両。これもピンぼけ気味。。。
瀬戸内マリンビュー


しかし、こんな単線なのに、色んな車両が走ってるもんだ。


瀬戸内マリンビューは上り下り共に1本だけのはずなのに、
何故か忠海に戻ってきた。(これはそこから忠海駅で折り返して戻る奴)
時刻表には無かったが・・・何故?


鳥がもう少し目立つと良かった。これじゃ良くわからん。


今旅のお気に入り3傑のうちの一つ。
トリミング&明るさ修正済み。瀬戸内マリンビュー


同じく瀬戸内マリンビュー
船入れる構図のほうが良いかも。




その後、午後に呉線を完乗。
次に国内のIC乗車券発祥の地、瀬野にあるスカイレールへ。


このスカイレール、宅地開発のための目玉交通システムだったらしい。
どうせ栄えてないんだろうなーとタカをくくっていたら
結構発展しててワロタw
JR瀬野駅から見ても高台があるだけにしか見れなかったせいもあるけど、
ここまで大規模とは想定外だった。


これがスカイレール


駅窓口。定期券のみICカード。5,000円強。
窓口はAM6時40分〜PM10時まで開業しているみたい。(2011年現在)


改札機。


改札機のリーダー部分。




翌日は瀬野・八本松間、通称セノハチを通るEF67を撮影に行く。


移動中、いきなり遭遇。
朝焼けの画は美しいが、さすがに広島からの始発からじゃ間に合わん。
EF67-105


八本松から徒歩30分ぐらいのところにある有名撮影地、
番堂原第4踏切。
さっきのEF67の単機回送。上り方面はお面が影に・・・
EF67-105


EF210-173


それを押し上げるEF67。かっけえ!
EF67-103


単機回送。日中のこの構図は駄目だろ。
EF67-101


EF210-142


それを押し上げるはこいつ。
EF67-2


単機回送は正面からとってもアレなので流し撮りにチャレンジ。
結構うまくとれた。こちらもお気に入り3傑のうちの一つ。
といっても、もう少し左側に構図として入るべきだった。。
トリミング済み。EF67-103


同じく流し撮り。どうしても正面が奥に向いてしまう。。
EF67(号機不明。さっきのEF67-2か?)


こちらも奥向き。。
EF66


こちらで撮り納め。無難な構図だけど、とりあえず良く取れた。
お気に入り3傑のうちの最後。
EF67-101


上の写真の顔(尻?)ありバージョン。
呉線もそうだけど夕暮れだときれいな写真が撮れそうだ。
EF67-101


犬。
鉄道と関係ないけど。


その後は広島港へ移動。適当に瀬戸内海と鳥でも。


やっぱカモメよねー
画像回転&トリミング済み。


外国の駅ホーム、と言われても信じてしまう自信がある。
開放感あるホーム。



今回はこんな感じでした。
ピンぼけ写真が多すぎだな。
とにかく撮影の腕が無いな、ということを実感した撮り鉄旅。
でも、花形車両があると撮るのは楽しいねぇ。


また撮り鉄旅をやりたいものです。