てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

このBlogの見どころ

NewEra西鉄ライオンズ(59FIFTY)をカスタマイズする!!

埼玉西武ライオンズにて2008年に企画されたライオンズクラシック。
そこで西鉄ライオンズキャップが発売されていたのだが、
当時は欲しいと思っていたものの、なかなか行動に移すことができず、
気がついたら既に完売していた。
http://www.seibulions.jp/expansion/lions_classic/


最近頻繁に球場に行くようになって、
炎天下対策に2011年度版クラシックキャップを買ったが、
そこでふと調べてみたところ、
なんと、2010年6月にNewEraから
日本プロ野球クラシック9FORTYシリーズと称し、
再度西鉄キャップが販売していたらしい。
http://www.neweracap.jp/news/archives/2010/06/07-1733.html


・・・が、こちらも時既に遅し。
とっくに完売(´・ω・`)


というか他のモデル在庫あるのに、西鉄キャップだけ完売とか
どんだけ人気あるんだよ。そして再生産しろよ。


という訳で、今入手できるキャップを調べてみたところ、
NewEraカスタマイズモデルとして、
日本プロ野球クラシック59FIFTYシリーズ
西鉄ライオンズ ブラック x メタリックシルバー」
というものがあった。
http://store.neweracap.jp/pc/g/gN0006150-126/


なんだ手に入るんじゃーん(`・ω・´)


ダサ過ぎる後頭部のLionsロゴ、
59FIFTYシリーズのウリである”つば”を曲げるかどうか、
(こちらは賛否両論だが、本国アメリカでも曲げて被ってる人が多いみたい)、
そしてサイズがマチマチ(NewEraの根本的問題)、という3点で
かなり悩んだけれども、最終的には発注。


そして届いた。


・・・あれ?



・・・


写真で見た時よりシルバーのロゴが相当ダサいな。。。


そして問題の後頭部。


ダサいの承知で買ったが、シルバーになって許容できないダサさに・・・


これじゃ外に被っていけない(´;ω;`)




・・・という訳で、


どうせ被れないんならいっそ自分なりにカスタマイズしてしまおう(`・ω・´)




そこで用意したるは「マービー布描きしましょ」の白。
http://www.hobby-net.ne.jp/catalog/text/14.html
ハンズにて購入。


最初は白色の油性ペンを買おうと思ったのだけど、
ハンズの店員に用途を伝えたら、こちらの方がベストとのことだった。
(油性ペンはテカってしまうらしくオススメできないとのこと。)


ちなみに一応は水性ですが、
乾くと洗濯できるぐらいの耐水性が出るみたいです。



と言う訳でまずは前頭部ロゴをマスキング。


で、塗り塗り。


続いて次の場所を・・・


と、徐々に重ねるように塗りたくっていく。


が、


めんどくせえ('A`)


最終的にはマスキングもせずに塗りたくる適当な俺。


で、出来たー!


おおお、予想以上に良い出来だぞ!!
やっぱ黒には白だな!NewEraのデザイン部の常識を疑うぜ!



続いて後頭部。
こちらは黒で塗れば目立たないだろう、ってことで
まずは手持ちのマッキー黒で塗る。


・・・がハンズの店員の言う通りテカってしまった(画像なし)
おまけにどうしても全てを塗りたくることが不可能なため、
多少なりとも銀地が見えちゃう。
これはこれで許容範囲かもしれないけれども・・・やっぱ目立つなぁ。


よし、ここもマービー先生にお願いしよう!!







('A`)


失敗した・・・どうすんだよコレ。。


オモテ面が想像以上に良い出来だったため、
捨てるのも非常に惜しい。



そこで思いついた。


タグで隠すか!(・∀・)


思い立ったが吉日(実際に動き出したのは思いついた翌日)、
早速、仕事上がりに新宿のオカダヤへ。
(高島屋のユザワヤは閉店時間が短くて使い物にならねー)


端切れの中から適当な生地を探し出し、購入。


自宅に戻り、適当な大きさにカット&アイロンで折り折り。


そして、続いて登場するはアイロンプリント用紙!


今回購入したのは
サンワサプライ製インクジェットアイロンプリント紙(白布用)JP-TPR4N」
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=JP-TPR4N&cate=5

多少の洗濯耐性もある!



そして、画像エディタで適当なロゴを作成し、用紙にプリント。
反転させて印刷しないといけないところがミソ。
(用紙の説明書きにも書いてある)


必要部分をカットして、こんな感じでアイロンで接着。


で、剥がすと・・・

おおーいい感じ!


ちなみにこんなロゴにしてます。


アイロンプリント用紙の性質上、貼り付け部分が多少黄ばんでしまうのはご愛嬌。
できれば布全面に合わせて用紙をカットした方が良いのかもしれない。


本当はこのタグを黒糸で縫いつけた方が見栄えも良いのかと思ったが、
何しろ手芸技術が無い。ミシンもない。


じゃあアイロン熱圧着するしかないだろ。


100円均一のアイロン熱圧着テープは不安だったので
池袋西武百貨店の手芸用品売り場(サンイデー)に行く。
店員に聞いて購入したのはこちら。
「河口株式会社製両面接着テープ普通地〜厚地用」
http://www.t-k-kawaguchi.com/
(商品検索がびっくりするほど面倒くさいので公式ホームのみ)


で、まずはタグに熱圧着テープを貼り付け、
続いてキャップに貼り付け。このときはもちろんあて布してます。



できたー!!


まぁ、細かく見ると雑だけど、
元の銀地のロゴよりはだいぶマシになった。



最後に、フィールド試験として、このキャップを被り、知人に会ってみた。


結果としては、「自分でタグ付けたんだー、全然気がつかなかった」、とのこと。
ダサいかどうかはさておき、とりあえずは市販品のように見えるんならOKだ。



ということで完成!!


前頭部の白ロゴは自分でもビックリするぐらいの大成功。
横のNewEraロゴまでは手をつけてませんのでそこだけはシルバーっす。


反省点としては、やっぱりタグは縫いつけたかったという点と、
アイロンプリントの黄ばみですかね。


前者はミシンもってたりスキルのある人ならできるかもしれない。
後者はそういう製品を探し出すしか無いっすね。
もしくはやっぱりタグ全面に転写するか。


総評としては十分及第点。
再び純粋なレプリカキャップが登場するまでの繋ぎとして活躍してもらおう。


さすがにファンが集まる西武ドームでは被らないけどなw
このカスタマイズキャップを被って歩いてる俺を見かけたら決して石を投げないように。
(あとダセーっていうのもヤメて。心の傷になるから(´;ω;`))



という訳で同時期に買った太平洋クラブライオンズキャップと共に。


こっちは何にもカスタマイズしなくていいから楽だった・・・