てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

モブが好きです。例えるならラーメン界で言うくるまやラーメンです。

このBlogの見どころ

西鉄版ライオンズエクスプレス、お披露目

黄金期ライオンズバス初公開 26日から運行開始 福岡
(2011.12.21 02:17 産経Web)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111221/fkk11122102170000-n1.htm

 ■野武士軍団がアピール

 西鉄高速バスは20日、福岡と関東を結ぶ夜行高速バス「ライオンズ エクスプレス」で、新たに導入する新車両を初公開した。昭和31〜33年にかけ3年連続日本一に輝いたプロ野球・西鉄ライオンズ(福岡市)の黄金期のユニホームをモチーフにしたデザイン。西鉄ライオンズOB会会長の豊田泰光さん(76)ら黄金期の選手9人も当時のユニホーム姿などで駆けつけ、新車両をアピールした。

 「ライオンズ エクスプレス」は、福岡市から横浜市、東京・池袋を経由してさいたま市までを結ぶ路線で、1日1往復。新車両は白い車体に黒字で「LIONS」のロゴをデザインしており、26日から運行する。

 公開イベントに続いて同ホテルで、西鉄ライオンズOBとファンが語り合う「大忘年会」(同OB会主催、産経新聞社など後援)を開催。豊田さんのほか、高倉照幸さんや滝内弥瑞生さんなど元選手、元球団職員、一般のファンら約130人が参加した。

 今年は球団誕生60周年。この機にOB会の門戸を広げようと、西鉄から球団を引き継いだ太平洋クラブとクラウンライターの元選手の浜浦徹さんら、西鉄経験のないOBも参加した。会場では球団の歴史を振り返る映像が映し出され、参加者らは「野武士軍団」と呼ばれた往年のチームの思い出話で盛り上がった。

 会の冒頭、球団の初代ユニホームに着替えた豊田会長は壇上に上がると、他の元選手に「走って壇上にこい!」と檄を飛ばすなど意気軒昂ぶりを発揮。「元気であればまた来年も来たい」と力強く宣言した。最後には、全員で西鉄ライオンズ球団歌を合唱し、栄光の時代に思いをはせた。



ウワサの長距離バス。
国内最長路線、ということもあって埼玉西武ファンだけでなく、
乗り物好きな人間にも話題を呼んでいるようだが、
西鉄側はまさか豊田とかOBをセレモニーに登場させてた。


果たしてこのバスがどこまで流行るかは不明だが、
一度は乗ってみたいものである。

広告を非表示にする