てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

このBlogの見どころ

3月17日開業予定!吉川美南駅に行って来た。

表題のとおり。
2月初旬、実家に帰ったついでに、新駅の様子を見てきた。


場所は越谷レイクタウン駅と新三郷駅の間。
ちょうどケーズデンキがある場所が駅の入り口になる。


越谷方面から車で行く人は、吉越橋を渡って新三郷へ向かう時の、
だだっ広い田んぼのところ、と言えば分かるかもしれない。
駅工事に伴って陸橋を閉鎖しているので、その手前か、陸橋の先の地下道を通ると良いと思う。


逆に徒歩で行くのなら新三郷からアクセスした方が良いかも。
そもそも地元民的には徒歩なんてオススメしないが。



で、こちらが駅の様子。

まさにケーズデンキ脇から撮影。


さすがに開業日から考えて、駅舎はほぼ完成形だが、
想像以上に周辺が開発途上だった。


周辺は見渡すかぎり土台ばかり。


しかし、逆にここまで造成していることを考えれば
かなりの不動産需要が発生する、ってことなんだろう。
将来の変遷が気になるところ。




越谷レイクタウン寄りの美南中央公園に移動。
母親に聞いたら過去、美南中央公園に仮置きしていた工事機械が
盗まれてニュースになっていたやらなんやら。


それはさておき、一応工事中とのことで車の進入は禁止のようだが、
徒歩での散策はOKらしい。(立ち入り禁止と掲げられている所は除く)


こちらも造成が進む。


新たな公園も準備中。


よく見ると中央にはレールが引いてある。

もしかしたら何か静態展示するのかも。
(機関車来るか!?)


その先には中曽根跨線橋
さすが、”吉川なまずの里駅”が駅名最終候補に上がっていただけあって、
ナマズの絵がwww



跨線橋から見下ろしてみる。
すると、端に若干古い引込線が。


ポイント切替器も古い。

旧武蔵野操車場の名残なんだろうか・・・。



跨線橋については、線路の真上にフェンスが張られているため、
見下ろす形での撮影は不可。


と言う訳で、脇から撮影テスト。
本当は撮り鉄するつもりは無かったんだけど・・・



早速来たのは209系。

だいぶ見かける頻度が上がりました。


東京行き方面はこんな感じ。


続いて貨物。



とまあ、こんな感じ。


実際完成したらどうなるのかわからないけれども、
基本的にはフェンスが張られているので、この跨線橋からの撮影しかなさそう。


参考までに周りの様子。


まあ、有名撮影地には成り得ないけれども、
子供連れてくる分には良いかも。


その他もろもろ。

広告を非表示にする