読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

オレンジカード 首都圏販売終了

大いなる旅路 鉄道とか

消えゆくオレンジカード 首都圏販売、3月末で終了
http://www.asahi.com/national/update/0124/TKY201201240267.html
(2012年1月24日17時1分 )
 JRの切符が買えるオレンジカード(オレカ)が、3月末に首都圏での販売を終える。1985(昭和60)年の発売当時は「キャッシュレス時代の到来」ともてはやされ、年間300億円を超す販売額を誇ったことも。しかし近年は、Suica(スイカ)などのICカードに押され、姿を見かけなくなっていた。

 オレカは券売機に入れると切符が買える代金前払い式カード。JR各社で使用可能だが、スイカと違い私鉄や買い物では使えない。500円、千円、3千円の3種類がある。

 オレカ第1号は85年の東北・上越新幹線の上野駅開業記念。国鉄が20万枚限定で販売した。上野駅乗り入れで廃止された大宮―上野を結ぶ新幹線リレー号の客室乗務員を「オレンジガール」とも呼んだことから「オレンジカード」と名付けたとされる。



しかし、いろんなモノが消えていくな。
オレンジカードはまさに商品券、というか前払式帳票。
ストアードフェアカードとは違う点がパスネットやバスカードが普及した平成で
利用者の混乱を呼んでいたような気がする。


新幹線リレー号の客室乗務員が名前の由来とは知らなんだ。