てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

このBlogの見どころ

2011年ドラフト入団 JR選手の成績をまとめてみた

縞田が1軍デビューしたと聞いたので、他がどうなってるのか調べてみた。
2012年5月5日時点のデータ。


JR東日本
★十亀剣投手(2011年埼玉西武ドラフト1位)
開幕前に最も話題を呼んだドラ1男も、未だ1軍登板機会無し('A`)
2軍で2試合に登板、1勝1敗。
計12イニングで6安打4四球3死球4失点奪三振14。
奪三振数は見事だが、1戦はフューチャーズ戦なので四死球考えたら微妙。
肘の張りで現在登板見合わせ中。


★縞田拓弥内野手(2011年オリックスドラフト2位)
5月4日日ハム戦で1軍デビュー。
1打数も1塁ファールフライ。
これから出場機会も増えていくか。


★川端崇義外野手(2011年オリックスドラフト9位)
1軍に定着し、14試合に出場。
38打数10安打。4打点2四死球1犠打5三振。
あまりウォッチしてはいないのだけれども、
Bsファンからは守備の評が低い気がする。
しかし、ドラ9ということを考えたら上出来。これからも頑張ってほしい。


JR東日本東北
★森内壽春投手(2011年北海道日本ハムドラフト5位)
完全試合男”も中継ぎ起用で1軍定着。
9試合を投げ12イニング打者49人に対し、8安打5四球1失点奪三振5。
防御率0.75と結果を残している。
負け試合での登板が多いようなので、是非とも調子を維持して
勝利の方程式に加わってほしいところ。


JR北海道
★武藤好貴投手(2011年東北楽天ドラフト1位)
1軍経験は無し。
ファームではチーム最多の12試合に登板で2セーブ。
21イニングを投げ14安打6四球3暴投5失点。
防御率1.71ながらもスコア上はコントロールに不安が残る。



5人中既に3人が1軍デビューを果たしている。
うち、川端・森内は既に1軍定着を果たし、日々結果を残している。


次に1軍昇格するのは十亀・武藤のどちらが先か。
武藤が若干有利、という点で十亀ファンとしては辛い(´・ω・`)
早く怪我を直して実績作っておくれ。

広告を非表示にする