読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

2012年レギュラーシーズンV逸を振り返る #seibulions

ライオンズ魂

日ハム天王山で連敗した時点で終戦してましたが、
ロッテ戦に連敗し優勝を献上。
まぁ、こんなもんでしょう。

そして本日ソフトバンクが負けて2位が確定。
CSは短期決戦、活躍次第で手のひら返しまくりになりがちなので
今のうちに2012年を振り返っておく。


テーマは
①戦犯
②ライオンズは何故優勝を逃したのか
③来季優勝するために
④今シーズンの良かったところ悪かったところ(選手以外)



①戦犯
優勝を逃した時点でまず語るべきはやはり戦犯探し。

まず挙げたいのが、涌井秀章
シーズン前から挙げていたキーマンでもある。

昨シーズンから続くふがいない投球はオープン戦で再見。
その調子で前半戦に突入し、開幕から3連敗。
さらには美人局まがいの水商売女絡みのスキャンダルでの二軍降格。

エースと呼ばれる投手がグラウンド内外で迷惑をかけるなんて言語道断。
抑え起用は自分も提言していたので、ようやくか、という感じ。
結果は残しているものの、前半戦失速の戦犯であることは間違いない。
(個人的にはスキャンダル直後なのにチヤホヤ大声援をかけるファンに問題があると思う)


続いて打の戦犯。エラー多発の主犯格でもあるメジャーリーガー・ナカジも挙げたいところだが
やはり、ここは主砲・中村剛也だろう。
今年は落ちる球をブンブン振りまくり、ランナーのいる場では凡退。
ランナーのいない場でソロホームランを連発。
肝心の勝負どころの弱さが目立った。
落ちる球なんかは完全にピッチャーに舐められてた。

・・・と言っても、怪我に泣かされた所も多いので、仕方がない部分もある。
前半戦は絶不調だったが、交流戦の”お得意様”横浜戦をきっかけに復調。
ホームランだけでなく勝負どころのタイムリーも出しまくりな絶好調状態に乗ったものの、
その直後に怪我、開幕時の調子に戻ってしまったような形になってしまった。

来季は開幕から絶好調状態になるように調整を・・・。


最後に挙げる最大の戦犯は、一番のガン、渡辺久信
勝負どころでトチ狂った采配を繰り返し、チーム全体を狂わせた。
重要なシーンで中継ぎを出して、無事抑えたと思ったら回跨ぎとか、
ここでテンポよく終わらせて次の逆転を、という時にテンポを崩すワンポイントリリーフとか・・・。
あと、調子の善し悪しで起用を決めるのではなく「このシーンで抑えたらこの投手覚醒するだろうな」っていう起用が多い。
相変わらずの贔屓起用も健在。序盤に調子が上向きだった米野があまり起用されずにそのまま調子が落ちてしまったのは前半失速の要因だと思ってる。
原拓也が途中干されていたのは意外だったが)

光山登場後、多少采配がマシになりチームも連勝街道進みだしたが、
本当に光山効果なのかは疑問。事実、終盤の失速時は相変わらずの変采配が炸裂していた気がする。

このハゲ、来季も続投が決まっている、という点にゾッとする。
勘弁してくれよ・・・



②ライオンズは何故優勝を逃したのか
先ほどの戦犯を除くと、答えは簡単。
・怪我
・投手陣の力不足
・失策の多さ
の3つだろう。


一つ目の怪我についてはどの球団も敗因の一つに挙げるであろう。
ライオンズは栗山・中島・中村・片岡・銀仁朗と主力級に怪我が頻発。
欠場まで行かなくても怪我持ちでパフォーマンスを出せなかったのが痛かった。
序盤は守備の要で期待していた秋山も怪我で出遅れたことで守備のほころびが出たのも大きかった。


二つ目の投手陣の力不足は・・・うーん、今の戦力では仕方がない。
何しろ二軍にいる投手陣予備軍が暗黒すぎる。
絶対的なエースも不在だったところも痛い。
涌井は上記の如く、岸もピリッとしない投球が続いてしまった。


三つ目の失策の多さ。
失策が多いチームが優勝しようなんてのが間違ってる。
特に酷かったのはメジャーリーガーナカジのエラー。
その後の失点に繋がる形になったケースが多かった。

前述した秋山の欠場も大きく影響してしまった。
しかし、何故守備不安のあるヘルマンをセンター起用?
このあたりはナベQの問題だと思っている。
とは言うものの、ヘルマンはサードでもエラーを頻発。
もともと守備に難ありなので仕方がないが、DHで起用できなかったチーム事情が一番の原因かもしれない。


③来季優勝するために
要は上記の問題を解決すれば良い。

主力級は仕事をしろ!監督はまともな采配をしろ!
・・・というところはまず言っておきたい。


投手層については、若手の成長株、雄星・野上・十亀の飛躍を期待したい。
ポストシーズンの経験、オフシーズンのトレーニングでどこまで成長できるかが肝。
石井をそろそろ先発ローテから引きずり降ろさないといけない。

大石も終盤は力強い投球が目立ってきた。オフシーズンは是非フォーム修正を・・・
期待したいのは小石。もっとコントロールをまともにしないと。このままではダメ。

それ以外は・・・ドラフトに期待かな。。。
ランディとかも微妙に信頼感無いので来季無条件に期待するのは微妙。
新外国人にも期待したい。


失策数についてはどうしようもない。練習しろ!
守備という観点ではまず秋山は欠かせない。
フルシーズンの活躍をこなさないといけない。(今オフやるのは走塁技術の向上かな・・・)
熊代の飛躍も期待したいところ。

永江も10月の楽天戦で良い守備を見せていた。初安打も打ったことだし
打撃力を向上させてレギュラー争いに挑んでほしい。

あと、個人的に期待したいのは”空気”(酷い言われようw)鬼崎。
守備の要ってことで今のライオンズには必須プレーヤー。
この前気づいたけど、グラウンドでのコミカルなキャラは興行的にももっと活かして欲しいw
バント力を徹底させれば間違い無く優勝のキーマンになれる。



④今シーズンの良かったところ悪かったところ(選手以外)
V逸分析と関係ないけど。

今季は西鉄ライオンズ黄金期、西武100周年というイベントもあり
昨季以上にグッズのセレクトが良かった気がする。
アパレル系では神様仏様稲尾様Tシャツが一番だったんじゃないかな。
うなぎTシャツ(買えなかったけど)、福岡限定Tシャツもなかなかのセンス。

企画・イベントも思わず球場に行ってみたくなる内容でGood。
春日・立川真司らきすた・埼玉フェスタ・・・。
イベントムービーのクオリティが高いのも良かった。
特に西武鉄道100周年PVは鉄ヲタ的にグッときた。

悪かったのは天候かな。
開幕戦、大宮開催と酷い有様だった。
フラッグの無料配布が両方絡んでいたので、
当日のチケットを持っていたら中止になった場合ももらえるような配慮が欲しかった。
あと、100周年ユニの背番号ワッペンと圧着サービス。
あんなに時間がかかるなんて・・・
加えてワッペンの品揃えも酷かった。
無料ユニは来季もやりそうなんで、ここは改善して欲しい。