てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

このBlogの見どころ

SkyStation製CWR-GN150Sで有線LANを無線LAN変換して快適Nexus7ライフ

TOPはこちら
http://d.hatena.ne.jp/type43/20121022/1350915296


Nexus7を買ったものの、出張とかで無線LANが無い環境が多々あるので、有線LANをWi−Fiに変換するアダプターを購入した。
正確に言うと、ポータブルWi−Fiルーター。1,000円から3,000円ぐらいの値段で売られている。安いなぁ。



で、購入したのはSkyStation製CWR-GN150S。購入金額は札幌ビックカメラで1,980円ナリ。


決め手は値段。IOデータやらと比べて500円ぐらい安いことに加えて、標準でLANケーブルはおろか、ACアダプタ(MicroUSB出力)が付いている。おまけにポーチまで。
残念ながらACアダプタとMicroUSBケーブルは一体型で分離できないみたいだが、まぁ、いいでしょう。



この製品の注意点としては、なぜかデフォルトでセキュアなアクセス先(SSID)だけでなく、ノンセキュリティなアクセス先も開放してしまっているという点。FONかよ。
多分、開発者が気の回らない人なんだろうなぁ・・・。
おまけにマニュアルにもその記載はない。マイナスイメージになるし、あえて隠したんだろうか。。。
こちらはブラウザで設定変更をできるものの、注意が必要。


で、早速ホテルに持込、開封。

うお、ちっちゃい!!
ACアダプターも小ぶりで良い感じ。


で、こんな感じで接続。

うーんシンプル。


早速Nexus7でWi-Fi検索。


電源投入後、しばらくすると表示されました。

このSKY-SECURE-xxxxxxってのがセキュアなSSID
一方のSKY-FREE-xxxxxxってのがフリーなSSID(´・ω・`)


当然ながら前者に接続。パスワードは本体裏にある「プリセットキー」を入力。

あっさり認証OK。


うむ、便利。帰りに持って帰るのを忘れないようにしないと。
あと電源オフすると、再起動まで30秒〜1分ぐらいかかる(腐ってもルーターですな)。無事に立ち上がればNexus7側で再認証してくれるみたいなので、一度認証取ればOKみたい。



で、ここで満足してはいけない。例のフリーなアクセス先を潰さなければならない。


Safariを起動して192.168.11.1にアクセス。これはデフォルト値で本体裏にも記載あり。
設定画面が起動するので、上部メニューから無線LANを選択→左メニューから基本設定→SSIDの項目にあるマルチセキュリティの設定を押下。
別画面が開くので、SSID1のFREEな奴の有効のチェックを外し、適用&再起動。

これで解決(`・ω・´)


モバイルWi-Fiルーター、出張族やら旅行が多い人間ならかなり実用的だ。
昔、某南米に旅行した際にホテルでWi-Fiに接続しようとしたんだけど、iPhoneでWi−Fi接続しようにもブラウザ側で不具合発生してアクセスできなかったし。
この手の製品を使えばそういう認証的な手続きも要らないからいいね。


こいつを活用したら、もしかしたらネカフェでもLANケーブル引っこ抜いてネットにアクセスとかできるかもしれない。

広告を非表示にする