てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

モブが好きです。例えるならラーメン界で言うくるまやラーメンです。

このBlogの見どころ

東急ジルべスターコンサート2012−2013には行けませんでした><

6年連続で現地参戦していた東急ジルべスターコンサート。
今年は都合によりチケット争奪戦にも参加する前に自宅待機・・・

テレビ未中継部分を見れず残念だが、じっくりテレビで鑑賞したいと思います。


ちなみに昨年の様子はこちら
http://d.hatena.ne.jp/type43/touch/20120101/1325392910



さて、今年の曲目はこちら。
<第1部>
ビゼー:「アルルの女」より「カリヨン」
エルガー:愛の挨拶 宮本笑里(vn)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 第1楽章 金子三勇士(p)
吉松隆:サイバーバード協奏曲から1・3楽章 須川展也(sax)、小柳美奈子(p)、山口多嘉子(perc)


<第2部>
吉松隆:サイバーバード協奏曲より 須川展也(sax)、小柳美奈子(p)、山口多嘉子(perc)
リスト:ラ・カンパネラ 金子三勇士(p)
モンティ:チャールダーシュ 宮本笑里(vn)
★カウントダウン曲→エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
ワーグナー:歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
ハーライン(朝川朋之編):星に願いを 須川展也(sax)
バッハ=グノー:アヴェ・マリア 宮本笑里(vn)、金子三勇士(p)
ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲


威風堂々でのカウントダウンって何回目だよ。
特に第1部でグッとくる曲目は無く。
どちらかというと数年前に古澤巌が演奏していたチャールダーシュがあるのが羨ましい。
星に願いをもいいですな。


さて、23:30、恒例の番宣。
・・・って何この辿々しいしゃべりのアフロは?!
茂木健一郎?ソニーの技術者らしいが・・・宮本亜門呼べよ。



さてTV中継1曲目はサイバーバード協奏曲第1楽章より。
サンダーバードGO!そういえばサンダーバードの制作ディレクターなくなったらしいっすね。
もうTV鑑賞だから集中力が無い。しかし、壮大な曲でいいね。


東急のCMに切り替わり、恐らく現地はここで1曲目終了、お疲れ様でした〜、というやりとりが行われているはず。
いいなぁ。行きたいなぁ。



中継に戻る。
この茂木健一郎、どうやら肩書きは脳科学者、らしい。
うさんくせーな。しかもこのジルべスターの過去回は見ていないらしい。
そんな質問するなよ、テレ東。
そしてカウントダウンがどきどきするんですよ、っていう適当な相槌を打つ茂木もいい加減にしろ。



ってなんかよく分からない合唱中継の繋ぎに大江さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

この中継は現地で見れないのである意味TV側で良かったかもw



そして2曲目はリストのラ・カンパネラ。
恒例のピアニストタイム。金子三勇士登場。
美しい演奏ですな。


しかし、これでみゆじと読むのか。
どう見ても爆弾三勇士。父親はネトウヨだな。



そういえば話は変わるけど、今年からセルリアンタワー東急ホテルでチケット付き宿泊プランが売り出されていた。
まぁ、老人どもにとっては解散が深夜帯になるし、こういうタイアップ商品はいいと思う。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000005113.html
それにしても10万円近いあたり、貧乏人は相手にしてないな。




続いて宮本笑里(えみり)登場。キラキラネームが目白押し。
この子がチャールダーシュ演奏するのか。


しかし、茂木、なんら薀蓄もクソもないな。存在価値無し。


で、チャールダーシュキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


作曲モンティ、って書いてあるのをみると、どうしてもモンティ・パイソンの名が浮かんでしまう。
どちらかというとZAZのアメリカンコメディ派なのでモンティ・パイソン好きじゃないんだけどね。どうでもいい話。


宮本笑里の演奏、古澤巌と比べるとまろやかな感じ。
個人的には古澤巌の方がダイナミックで良かったな。
しかし演奏中笑顔を出すなんて凄いな。
一部高音で「?」となるときはあったけど。




さあ、もうカウントダウン曲か。
第2部から見ると早いなぁ。実際は年明け以降が長いんだけど。


指揮は藤岡幸夫。前にラプソディー・イン・ブルーを指揮した人。
トーク中にくどいかぶせをしてくる茂木。うぜえよ。



しかし、この曲、思うことが3つほど。
まずは行進曲、という響きがマーチ好きとしてグッとくる。
そして王様のレストラン
最後に作曲家エルガーという文字。FF6のエドガーを思い出すよね(´・ω・`)



で、間奏でもう一つ思い出す。ああ、中村一義だ。
知ったような顔すんな〜ってね。


残り4分。どきどき。


残り3分。そういえばBluetoothヘッドホンの遅延で若干ずれるんじゃないか、って気がしてきた。


残り2分。間奏が終わってからペースが上がるのがまたいいよね。


そして時計登場。


残り1分。2013年の看板が降りてきたぞ!



そして・・・




A HAPPY NEW YEAR!!



終わり余裕のない中でよくまとめた!
これは素晴らしい。




そして去年をディスるかのように泣く森本アナ。
最後調整が効くんですよ、ってぶっちゃける藤岡氏w
いやでもあのまとめは素晴らしかった。


そして、面白い人がいる!面白い人がいる!と司会進行を遮る茂木。
帰れ。


今年の仮想は2013メガネと蛇の被り物、下町ツリー。
最後のはスポンサーの東急としては面白くないんじゃないか?w




新年1曲目はローエングリン第三幕への前奏曲。
年明けにふさわしい荘厳な曲ですな。



CM明け、大江さん登場。
ちょっと老けたな・・・。


そしてスペースボールなるものの宣伝。
360度の映像に囲まれてその場にどうのこうの、という話。
そんな施設は国立科学博物館にあるんだが・・・どこが目新しいのか。


そしてまたグダグダと話をする茂木。何が脳科学か。
おかげで大江さんもテンポを崩す。


その施設を前にして合唱するはアヴェ・ヴェルム・コルプス。
360度の映像に囲まれてって話をしてたのにスペースボールの外観写してもしょうがないだろww



続いてサクスフォン演奏者、須川展也登場。
なんか日曜昼の町中散策グルメ番組に出てきそうな人だ。


そしてしつこいぐらいに「また泣いちゃうかな?泣いちゃうかな?」と繰りかえす茂木。うぜーな!


演奏するはハーライン作曲の星に願いを。



うーん・・・余りにもアレンジ曲が夜に出過ぎて、なんらありがたみが無いな。
つーか、ぶっちゃけTDL、TDR場内で流れてる曲もかなりしっかり作り込まれてるよね。



CM入り前に渋谷が映る。
この後は星空の下でアヴェマリア、だと?!
なんで寒いのにそんなことするの(´・ω・`)


しかし、馬鹿みたいな若者がワンサカ動いてる。
いつもこのあたり演奏終了後にウロウロしてるが、こんなんなってんのか。


そしてしれっと来年3月に行われる東急東横線東京メトロ副都心線の相互直通の紹介をする。
何故このタイミングでwww無理やりすぎるだろwww



で、アヴェ・マリア演奏。
うーん、結婚式の定番ソング。
そして再び登場する爆弾三勇士。


どうやら即席プラネタリウムの中で演奏する、という趣旨らしい。
TV越しじゃなんも伝わらんわ。



そしてイケメンマエストロ、最後のまとめで東北に触れる。
確かにみんな忘れがちな時期。ここでこういう話を持ってくるあたり、人間ができてる。
それにしてもこの人、石田純一に似てるな。


そして話を遮るように被せてくる茂木。死んでくれ。



いよいよ最後。運命の力序曲。
ヴェルディと聞くと、どうしても川崎が浮かぶ。オーレ!
冗談はさておき、終盤の盛り上がりは最後の締めにふさわしい選曲。
ブラボー!



そして休む間もなくアンコール。
シュトラウスのトリッチトラッチポルカ。
最後まで聞けないのは惜しい!って毎年中継はアンコール最後まで聞けないんだよね。
まぁ、しゃーない。



いやーそれにしても今年は演奏のレベルが高かった。
特にカウントダウン曲。マエストロの力量ですな。
去年のアレとは違うね。

現地に行けなかったのは残念。



一方で茂木。お前はダメだ。
スタッフも人選考えろよ。素直に宮本亜門だしとけっつーの。

広告を非表示にする