てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

モブが好きです。例えるならラーメン界で言うくるまやラーメンです。

このBlogの見どころ

サーベラスの埼玉西武ライオンズ売却問題@交通新聞

これも今更な記事。


サーベラスによる埼玉西武ライオンズ売却問題について、4月2日付交通新聞が丁寧に報道していた。
以下、手書き転載。


西武HD TOBに反対表明 早期上場に阻害の恐れ
(4月2日交通新聞1面)
 西武ホールディングスは3月26日、東京都内で記者会見を開き、株主のサーベラス・グループによる同社株式の公開買付(TOB)に反対する意見表明を行った。理由には、経営の最重要課題である「早期における良い形での株式上場」の阻害や企業価値の毀損(きそん)の恐れがあることを上げた。
 反対表明では、今回のTOBは最近、中長期的な視点を欠いた提案をしてきている同グループが実質的な協議をすること無く実施したもので、企業価値の毀損や、株主の共同利益を害する恐れがあるとの考えを示した。
 また、鉄道など公共性の高い事業を展開している立場からは、昨年12月のどうグループのレター提案で、都市交通・沿線事業で「少なくとも1045人中80人の駅員削減」「その他の不要路線」として多摩川線、山口線、国分寺線、多摩湖線西武秩父線を列挙した△埼玉西武ライオンズは「将来性・採算性並びに戦略的位置づけをしっかりと精査。売却の選択肢」と言及したこと―に触れ、「安全安心」や「社会的使命」を重視する西武ホールディングスの考え方と反する部分があるとした。(以下省略)



まぁ、つまり、ライオンズなんて将来性も無い、採算性もない、戦略的位置付けを改めて考えて売却、というのを物腰柔らかに言ってきているのだろう。


この辺り、その他の報道機関と違って若干詳細に報道している気がする。




さて、このサーベラス、 ダン・クエール会長はあろうことか「ライオンズファン」を自称したことで話題になった。


その報道が流れるや否や、Twitterやらで「じゃあ外野来いよ!」「会長!一緒にチャンテ4やろうぜ!」という煽りが飛んでいたのが印象的。
西武ファンを自称して良い外国人はデーブ・スペクターだけだから。

広告を非表示にする