読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

鉄道博物館で保守作業用トラックの展示しとる

http://www.railway-museum.jp/press/pdf/_20140205HP2.pdf

 

新しい実演展示「軌陸車」の展示開始と春のイベントについて

1 軌陸車展示
■ 展示時期 2014年3月 5日(水) から 静止展示
  2014年3月21日(金・祝)以降の土休日 実演展示 
■ 展示場所 てっぱくひろば(鉄道博物館南側) 
■ 車 種 鉄道用3t3転ダンプ(日野 デュトロ
  ※3転ダンプとは、後方だけでなく左右にも荷台を傾斜させられるダンプトラック 
■ 協 力 株式会社レンタルのニッケン

■ 実演展示の内容
展示線を使用して、
踏切道から線路に入り、線路を走行して、荷台を上下させ、
線路から道路へ戻る様子を、解説付きで実演します。

※ 展示は入館料のみで、見学いただけます。
(入館料は、一般 1,000 円、小中高生 500 円、幼児(3 歳以上未就学児)200 円)

鉄道博物館では、新しい実演展示として軌陸車の展示を始めます。
○ 軌陸車とは、鉄道軌道と道路の両方を走行できる、主に保守作業に使う自動車です。
○ 今回は、ダンプトラック型の軌陸車の展示をいたします。
○ 実演展示では、道路走行から線路走行や、荷台の上下を実演します。

○ このほか、春休みのイベントを計画していますので、ご紹介します

皆さまのご来館をお待ちしています。

 

 

レンタルのニッケンが扱ってるんだ―、という感想はさておき、初期のマルタイ展示のように普段陽の当たらない、かつ鉄道マニアのほとんどが興味がない保守作業車両(機械)の展示は興味深い。常設展というところも良い。

見に行きたいなー。