てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

モブが好きです。例えるならラーメン界で言うくるまやラーメンです。

このBlogの見どころ

AndroidでWi-Fiは確立するのにネットに繋がらない。

これの続き

auひかり AtermBL172HVで自前ルータを使う - てなもんや四三式次世代輸送システム

 

 

AtermBL172HVと自前ルータの環境を構築したら、Wi-Fi経由でインターネットにつながらなくなってしまった。(ただし、Wi-Fiには接続できている。)

Safari上では「このウェブページにアクセスできません」「DNSルックアップでエラーが発生したため」と表示されてしまう。

 

また、Androidだと通知領域のWi-Fiマークが何故かオレンジ色になっていた。(旧Nexus7(Android4.3)の話。何故かXperiaSOL25(Android4.4)だと白色だったが・・・)

 

f:id:type43:20141013215702p:plain

 

 

 

簡潔に原因だけ言うと、理由は簡単。DHCPで間違ったアドレス体系が付与されていたから。

そしてその原因は?というと、AtermBL172HV側のDHCP機能と下位にある自前ルータのDHCP機能が両方生きていた&同一LAN上に存在していたから。

ついでに、PCは都合固定アドレスにしていたので、たまたまAndroid(というか、Wi-Fi機器)だけつながらなかった現象が発生した、というわけ。

 

 

Androidの場合はWi-Fi設定画面で接続中のSSIDを長押し。「ネットワークを変更」みたいなのが出るので、「詳細オプション」を選択。

「IP設定」を固定にすると、さらに下に今付与されているIP体系の情報が出る。

ここで、本来ゲートウェイアドレスとDNS1には自前ルータのIPアドレスが来ないといけないのだが、BL172HVのIPアドレスが入っていたため、原因を特定できた。

 

試しに固定IP設定のママ、ゲートウェイアドレスとDNS1に自前ルータのIPアドレスを入力して無事繋がるかを確認。

結果、無事インターネット接続可能だった。Wi-Fiマークもオレンジから白色に変わった。

 

次に、BL172HVの詳細設定→LAN側設定から、DHCPサーバ機能「使用する」のチェックを外す。

f:id:type43:20141013215531j:plain

 

再度、Android上のDHCPを有効にして、結果、正常接続できることを確認。

これにてネット接続環境構築はとりあえず一件落着、か。