読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

高田渡大復活祭2015に行ってきた(テアトル新宿の高田渡前編・編)

雑記::イベント

高田渡大復活祭2015に行ってきた(高田渡を送る会ドキュメンタリー編) - てなもんや四三式次世代輸送システム

の続き

 

今日の目玉はテアトル新宿で開催された「フォーク大學」なるイベントの様子を写したドキュメンタリー、というか記録映像。の前編。こちらも本邦初公開。

 

人の入りは・・・昨日よりは多少増えた?

タカダワタル的ゼロとの同時上映。半分確信犯的に遅れて入ったのだが、今思えば泉谷しげるの演奏はもう一度見ておけばよかったかも。

 

んで、「テアトル新宿高田渡(前編)」が始まる。

 

冒頭は初日のなぎら健壱らと一緒に、生活の柄。

 

その後は、高田渡は司会進行役として顔を見せるだけで、基本的にはゲストの歌唱シーンが続く。


友部正人「横顔」

 

山崎ハコ「十九の春」

沖縄民謡?のカバーらしい。もともとインパクトの強い人だとは聞いていたが「私があなたに惚れたのはちょうど十九の春でした。今更離縁と言うのなら元の十九にしておくれ」という歌詞にとても印象を受けた。

 

中川五郎「Me And Bobby McGee」

最後の歌詞を「渡がブルース唄えばそれだけで俺たちゃごきげん」と替え歌にしていた。


中川イサト 家路

インスト。とても綺麗な曲。


最後は高田渡が登場して、坂田明(サックス)と一緒に「石」を歌って終わり。

 

 

うーん、あくまで内容はフォークシンガー大集合!といった感じ。高田渡を目当てに見るとちょっと物足りない、というのが正直な感想。

 

 

ちなみに終演後、金曜日のチケットを買おうとしたらすでにチケットセンターは店じまいしていた。まぁ、こんな時間に買う人居ないよな。

 

明日は後編を見てきます。

 

 

続き

高田渡大復活祭2015に行ってきた(テアトル新宿の高田渡後編・編) - てなもんや四三式次世代輸送システム