てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

モブが好きです。例えるならラーメン界で言うくるまやラーメンです。

このBlogの見どころ

伊藤真澄さん&Chimaさんが出演しているwakka vol.1に行ってきた

以前、Chimaさんと伊藤真澄さんが札幌で即興ライブをやっていたのだが、残念ながら参戦できず。
悔しいままだったのだが、なんと東京で即興ライブをやってくれるという!コレは行くしか無い!!

 

f:id:type43:20180401135523j:plain


wakka vol.1

wakka vol.1
(魚拓)https://megalodon.jp/2018-0401-1315-50/www.kichimu.la/file/wakka.htm


場所は吉祥寺キチム。カフェ営業とイベントスペースを兼ねているそうな。


開場前1時間ほど前に行くとChimaさんファンの方が1名ほど。その後徐々に列が伸びていき、開場時には20名ほどに。流石Chimaさんのファンは多い。

f:id:type43:20180401135558j:plain

f:id:type43:20180401135712j:plain

f:id:type43:20180401135607j:plain

 

 
開場

f:id:type43:20180401135624j:plain

f:id:type43:20180401135644j:plain

 

店内に入ると・・・うわあ。これどこに座れば良いんだ!ってぐらい演者の席が多いw


ピアノ系はピアノ、電子ピアノ、トイピアノ&鍵盤ハーモニカ&エフェクターっていう布陣。後者2つはマイクスタンド付き。

真澄さん鍵盤ハーモニカは吹かないだろう・・・ってことで電子ピアノのアリーナ席を陣取る。

Chimaさんファンの方に聴くと、観客席に並ぶ形で配置されている背もたれ付きの座席に置いてある冊子がChimaさんがよく使ってる歌詞集?だそうで、ここにChimaさんが座るはず、とのこと。凄い・・・。

ということで座席的にはChimaさんの真後ろという形w

 

回りを見渡すと何やら目立つ帽子の方がムシャムシャサンドイッチを食べている。あれ?よくみたら松井洋平さんじゃないか??普段からあーいう帽子かぶってるのかな??

 

観客は40名ほどだろうか。そして、開演。

 

前座としてJaponaiserie(ジャポネズミって聞こえたけどジャポネズリーだった。。。)が登場。Vocal、ヴァイオリン、クラシックギター、ピアノ、ソプラノとバリトンサックス(インスタより引用)という布陣。


これは・・・世界観の創出ぶりが素晴らしい。演奏陣もみなメンバーなのかしら?完成度高いし超カッコ良い。VocalのMomoさんの声質もドツボ。思わずCD買ったけど、これはなかなか良い。
MomoさんとBabiさんの衣装もお揃いの生地なのよ。超可愛い。


是非ともアニメの劇伴やってほしい。せっかくだから伊藤真澄さんに売り込もう!

 

続いて待望のwakkaが登場。

 

伊藤真澄さん、Chimaさん、SAyAさん。配置は狙い通り!

 

最初は既存曲の演奏。


これ凄いなぁ、って思ったのは、なんと真澄さん本人から事前にセトリが公表されていたのよ。

 

 

1.Alice’s Dream (TVアニメ アリスと蔵六メインテーマ)
2.Memories of Wonderland (TVアニメ アリスと蔵六挿入歌)
3.Flip Flap Flip Flap (TVアニメフリップフラッパーズ ED主題歌)

〜寺門孝之さん ご登場〜絵と音のコラボレイション〜
4.「世界のしずく」(アルバム Wonder Wonderfulより)
ここから怒涛のリクエストコーナー!即興演奏〜


フリップフラッパーズですよ!フリップフラッパーズ!!
フリフラ見出したのも伊藤真澄さんが参加してるからってとこだったんで(しかもドハマリした)、 生演奏が聴けたのは本当に最高。アリスと蔵六も好きだったなぁ。


座席、結果的に大当たりで、真澄さんの演奏を文字通り目と鼻の先で見れた!!!!今まで行ったライブでこんなに真澄さんの表情と演奏(手の動きとか)をちゃんと見れる席に座れたことないよ。生きてて良かったあ!!

しかもChimaさんも真後ろだけあって、足でリズム取ったときの振動を感じるレベル。時折目が合うし、うなじも見放題。ちょーかわいい!!!


フリップフラッパーズのエンディング、FLIP FLAP FLIP FLAPは前回の札幌即興ライブで初披露されたそう。やっぱり何が何でも行くべきだったな…
演奏は今回が2回目で東京としては初。とのこと。

やっぱりこの曲すごい。引き込まれる。サビのフリップフラップは客も混じっての合唱。でもちょっと恥ずかしいのか自分含めてあまり声は出ていなかったw

 


寺門孝之さんが登場し、ここから即興曲演奏&ライブペインティング。テーマは事前にChimaさんが募集をかけていた。

 

事前の募集では100件ほどだったそう。それを30個まで厳選してChimaさんのスマホに入れたルーレットアプリで決定するんだけど、まさかの観客に操作を振るというw


一番手は今日の来場1番乗りのChimaさんファンの方。出たのは「キャラメルポップコーン」。演奏している皆さんもライブペインティングの映像に見入ってたりして。なかなか面白かった。

 

二番手は・・・なんと真後ろにいた俺へ!うおおおお!!!


100件も応募があったので流石に送った奴は選ばれないな、って思いながら操作すると・・・


まさかまさかの「ANNIVERSARY」!!!俺が送った奴だよ!!!!


思わず「これ私が送った奴です!!」って言ってしまって。
出演陣全員にも驚かれ、場内もどよめき。そしたら先程の1番手の方も「実はさっきのは私が出したやつで・・・」って話になりwww

なんだろうこの奇蹟。しかも演奏終了後には真澄さんから「ANNIVERSARY、どうでした?」と振られるという!!!わあああ!!!!


ANNIVERSARYはホント良かった…。限定CDみたいな形で音源化してくれないかな。
感想聞かれて「感無量です」って答えたけど、それ俺の心境であって、曲の感想じゃないな・・・。自分のリアクション力の低さにしょんぼり。

寺門孝之さんのライブドローイングも凄くて。演奏見るかドローイング見るか困るレベル。

 

即興曲ラストは 「帰る場所」


伊藤真澄さんは言わずもがな、SAyAさんの演奏も良かった。なんでこんなに巧く合わせられるの?!
曲の印象を大部分コントロールされてた感じ。演奏に使ってた宇宙アプリが気になる。そしてChimaさ
んの世界観は素敵。あと、かわいい。

 

一旦退場するも、アンコールで4名が再登場。

アンコール曲はまさかのFLIP FLAP FLIP FLAP(2回目!)。しかも寺門孝之さんのライブペインティング付きという。今回は観客も思い切って声を出すw

幸せな時間を過ごして終演。

 

寺門孝之さんのFLIP FLAP FLIP FLAPに合わせたライブペインティング。

f:id:type43:20180401135813j:plain

 

ライブ終了後。寺門孝之さんは撮影もさせてくれた。

f:id:type43:20180401135913j:plain

f:id:type43:20180401140039j:plain

f:id:type43:20180401140059j:plain

 

物販にて。


今までのライブだと大体、Lantisのスタッフ?がCDを販売していて、真澄さんのサイン色紙がついて
くるって感じだったんだけど、この日の物販は、なんと真澄さんご本人が立たれていた!!(しかも精算までやっていたw)

思い切って、真澄さんに「真澄さんってミトの大冒険が最初のアニメ作品ですよねw?」「ちょっと早いですけど、ミトの大冒険から来年で20周年なんで是非ANNIVERSARYを」と強くお願いw
真澄さんも最初は「え?そうなの?」って反応だったけどw「わかりました」とも言ってくれたw

こんなに真澄さんと間近でガッツリ話せたのは初めてだよ〜(泣)


しかも、その場で購入したWonder Wonderfulにサインを書いていただいて感無量!!


ChimaさんにもハクメイとミコチのOP「Urar」にサインを貰いました。あとJaponaiserieさんのCDも。

 

実は、以前、大原ゆい子さんのおっかけでハグロック(渋谷でやってるライブ出入り自由のイベント)に行った時に、Chimaさんが演奏していたので、そこに寄っていて。
演奏後にFLIP FLAP FLIP FLAPのCDを買った時に「私、伊藤真澄さんのファンなんです!」ってお話をしたら、「実は真澄さんとライブ計画してるんですよ~」という話をしてくださって。

それ以来、ず~~~っとチェックしていて楽しみにしてたライブでした。ホント、リトルウィッチアカデミアがなかったらチェック出来てなかったかも。奇跡というか、色々と繋がっていくなぁ。

 

最後に行ったのは2012年のHeart of Magic Garden~Another wonder~かな。あれも都合途中抜けしたし、色々あってAnnabelさんとのツーマンとかLIVE Magic Garden vol.3は行けなかったし。本当にこういうライブは有り難い!!

 

 ※ライブレポはこの方の記事がよくまとまってましたのでリンクを貼っておく。

ameblo.jp