てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

好きなものは現金です。嫌いなものは労働です。

【自分用】ド素人のためのIC-R6操作方法

ド素人のためのIC-R6の使い方(自分用メモ)

スキャンとは

受信可能な周波数を検索する機能を「スキャン」と呼ぶ。TVに付いているチャンネルスキャン機能と同じ。

IC-R6で聴くような無線の大半は、一般的なラジオ局と違って常に無線電波が送信されている訳ではないので、この「スキャン」を常に回しっぱなしにしておく。ド素人的には「電波が発信されたら教えてくれる」機能と思ったほうが分かりやすい。

「サーチ」とは呼ばないらしい。理由は知らん。ITUあたりで定められてるんだろうか。

IC-R6では受信可能な周波数全てを対象にスキャンすることもできるし、対象の周波数を限定してスキャンすることもできる。当然、検索する対象が多ければ多いほど、電波を拾うのに時間がかかる(交信時間は大概短いのでスキャン中に聴き逃がす羽目になる)。

基本的な使い方

他にもやりようはある。あくまでド素人向け。

モリーバンクなる領域に、聴きたい周波数を複数登録しておく。そのメモリーバンクをスキャンする(これをバンクスキャンと呼ぶ)。

モリーバンクに登録したい周波数はメモリーチャンネルに割り当てておく必要がある。というか、厳密に言うと、メモリーバンクには周波数を指定したメモリーチャンネルを登録する。(メモリーチャンネルを管理するフォルダのようなもの、というのが公式説明。取説p.44)

モリーチャンネルに対して指定できるメモリーバンクは1つのみ、っぽい。試したことはないが。なので、複数のメモリーバンクに同じ周波数を登録したい場合は複数のメモリーチャンネルを用意する所から始める必要がある。

エアーバンドスペシャルなる店舗カスタム品を買うと、大体のエアバンド周波数がこのメモリーバンクにプリセットしてくれている。なので、それをバンクスキャンすれば良いのだが、検索対象が多いのでバンクスキャン時の効率が悪い(気がする)。以下は、メモリーバンクの登録の仕方も含めた手順。

バンクスキャンの仕方(取説p.67)

  1. モリーモードにする(電源入れてV/Mボタンをチョイ押し。MR表示が有るモード)

  2. SCANボタンを長押し

  3. DIALツマミを回して聴きたいメモリーバンクを選択

  4. SCANボタンをチョイ押し

停止する場合はもう一度SCANボタンをチョイ押し

モリーバンクに周波数を登録する(取説p.45)

購入時のプリセット設定は弄らない前提。自分が購入したものはメモリーバンクのA~Pまで使用済み(購入先によって違うと思う)。なので、空いているQ・R・T・U・W・Yを使う。

  1. VFOモードにする(電源入れてV/Mボタンをチョイ押し。MR表示が無いモード)

  2. DIALツマミを回して周波数を合わせる(FUNCボタンを押しながらDIALツマミを回すと1MHz単位で移動可能)

  3. S.MWを長押し

  4. DIALツマミを回して空いてるメモリーチャンネルを選択 ※

  5. MODEで確定

  6. BANDを押しながらDIALツマミを回して登録するメモリーバンクを選択

  7. S.MWを長押しして登録確定

※ここで既に登録されているメモリーチャンネルを選択すると上書きされる

モリーバンクにネーム(名称)を付ける(取説p.49)

デフォルトだと「BANK-Y」とかになってるので分かりやすい名前をつける。

  1. モリーモードにする(電源入れてV/Mボタンをチョイ押し。MR表示が有るモード)

  2. BANDを押しながらDIALツマミを回して設定するメモリーバンクを選択

  3. MODEをチョイ押しして「B NAME」を選択

  4. FUNCを押しながらDIALツマミを回して文字選択、DIALツマミ単体でカーソル位置変更

  5. S.MW長押しで確定

エアバンドの周波数の調べ方

これもやりようは色々有るが、大体エアバンドスペシャルと銘打ってる店舗カスタム品を買えば、登録済み周波数の一覧冊子がもらえる(はず)。購入前に店舗に聴いておくと良い。

あとは三才ブックスの「航空無線のすべて」だったり、イカロス出版の「航空無線ハンドブック」に付録として付いてくる。鉄道マニアで言う時刻表・貨物時刻表みたいなものと思っておくとわかりやすい。

ただし、根本的に気をつけないといけないのがIC-R6は受信改造しないと一部帯域の周波数を受信できない。購入時に意識しておく必要があるので受信改造済みであることを確認してから買うのが良い。

今後まとめたいこと

まとめるとは言っていない

  • スケルチ

  • 普通のAMラジオ・FMラジオの聴き方

  • IC-R6そのもの、ボタンに割り当てられた機能整理

  • アンテナ

  • Bluetoothによるワイヤレス化

  • バンクスキャン時のスキップ設定

  • モリーバンクの整理(消したり再構築したり)

  • 周波数帯指定のスキャン(プログラムスキャンとオートメモリーライト)

  • アマチュア無線の聴き方

GoToEat、ポイント失効したらどうなるのか

GoToEatが終わりました。

正確に言うと予約サイトを通してのポイント還元版GoToEatが終わっただけで、まだ商品券施策自体は終わってませんが。

GoToEatでポイント還元されたものの、2020年11月16日時点で9割が未使用だそうです。

GoToイート、ポイント9割未使用 付与は近日終了

GoToイート、ポイント9割未使用 付与は近日終了(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

還元されるポイントは有効期限が決まっています。このまま失効したらどうなるのでしょうか。

続きを読む

OculusQuestで陸上自衛隊VR動画を見る方法

陸上自衛隊VR動画をYoutubeで公開している。

www.youtube.com

せっかく、手元にOculusQuestあるし、楽しむか~と思ったらエラーがでて見れない。なんだよそれと思ったけど、色々とやってたら見る方法を見つけたので共有。ぜひ見て欲しい。

何故エラーが起きるのか

OculusQuestの場合、とりあえずYoutubeVR動画につては「YoutubeVR」アプリを使うのが基本。エラーはこのアプリで再生した時に起きる。そもそも陸上自衛隊公式チャンネルにたどり着くまでも大変なのだが。検索機能がクソすぎる。 YoutubeVRでエラーが起きる、という事例がWeb検索であまりでてこないので原因は不明。ただYoutubeVRで再生できる動画には何か制限があるんだろう。

見る方法

たまたまOculusQuestの標準ブラウザ(これもアプリ自体の出来は微妙)を弄ってたら、Youtubeの再生が出来ることに気付いた。もしやと思って陸上自衛隊の公式チャンネルに飛んで、VR動画を再生してみたら何やら右下に360°みたいな選択欄が。選んでみたら無事VR動画を見れた。

余談

ちなみにこの動画、初出は2019年の総火演会場特設テントだったはず。広報の人が「防衛省に納品されたばかりなんです」って言ってた。戦車とか空挺降下は分かるんだが、何故155mm榴弾砲を選んだのか。もっと、ほら、偵察用バイクとかあるだろう。

色々突っ込みたくなるが、まあ面白い動画なのでもっと増えて欲しいってのと、YoutubeVRへの対応を検討してほしいなあと思った次第。(海上自衛隊のいずも見学VR動画は普通に検索に出てくるし見れるので)

コロナ下の推し活で、参加者40人からオンライン集金した話

コロナでめっきりイベントは減ったとは言え、推し活動自体が無くなる訳ではない。ライブハウス支援の配信イベントだったりでフラスタを送るとか、節目に記念品を贈るとか。

フラスタとかは花屋さんの経済的支援にもつながるので、積極的に企画するのは良いことだと思う。オタク向けに特化した花屋さんだと本当に経営が厳しい状況だと思うし、いざコロナが明けてイベント本格化した時にお店が無くなっていたとかだったら草も生えない(焼け野原みたいになった状態とかけているセンス溢れるジョーク)

まあ、衛生上の事由でレギュレーションとして禁止してるケースもあるので必ず事前確認したほうが良いが。

フラスタではないのだが、とある企画でオンライン集金をすることになった。

少人数なら好きにやれ、って話なのだが、今回は40人規模。コロナ以前ならイベント会場で一気に集金する事もできるのだが、対面で会えない以上、回収を効率よくやる必要がある。

続きを読む