てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

モブが好きです。例えるならラーメン界で言うくるまやラーメンです。

このBlogの見どころ

アンパンマンと見せかけた巧妙な伊勢えび駅長日記

アンパンマン列車、愛と勇気届け JR四国が被災4県で3月運行
(2012/2/14 14:38 徳島新聞Web)
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2012/02/2012_132919790038.html
 アンパンマンの力で被災地の子どもを元気づけたい−。徳島県でも親しまれているJR四国のイベント列車「アンパンマントロッコ」が3月下旬から、宮城など東日本大震災の被災地を走る。四国外での運行は初めてで、被災地に笑顔を増やすため、同社が企画した。

 昨年3月の震災直後、地元のラジオ局がリスナーのリクエストでアニメ主題歌「アンパンマンのマーチ」を流した。生きる喜びや、愛と勇気の尊さを説く歌詞が被災者の心に響き、避難所などに身を寄せる人たちを励ました。このことを知ったJR四国が車両の提供を発案。JR貨物が東北まで届け、JR東日本が運行することにした。

 アンパンマントロッコは、アンパンマンに登場するキャラクターが車両の内外にあしらわれ、人形と記念撮影できるベンチなどもある。

 2006年10月に導入され、主に高松・琴平−岡山間で春休みや、夏休みなどの期間限定で運行。観光用の団体予約列車としても四国4県を走っている。徳島県内でも、昨年10月13日に海陽町と高知県東洋町を結ぶ阿佐海岸鉄道を走ったほか、イベントや保育所、幼稚園の遠足などで使われ、人気を集めている。定員48人。

 3月24日〜4月15日の土・日曜日の7日間、宮城県の石巻線東北本線気仙沼線で計7回運行。さらに、4月20日〜5月20日に岩手県、6月2〜17日には福島・茨城両県で休日を中心に走らせる。青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉の6県から小学生以下の子どもと保護者を募集し、抽選で無料招待する。

【写真説明】3月から被災地を走るアンパンマントロッコ列車=2011年10月、海陽町宍喰駅



これはJR四国にしては思い切りの良い企画。
アンパンマン列車を他社にレンタルする、っていうのも
結構ビジネスとして成り立つんじゃないだろうか。


なんてことをつらつら書こうと思って、ふと気がついた。


写真説明にある宍喰駅ってどこかで聴いたような・・・




ハッ!い・・・伊勢えび駅長!!!

広告を非表示にする