読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

史上最大の闘い/伊勢えび駅長に、ついにカニ駅長が挑戦状を叩きつける

これはヤバい!後のエビカニ戦争の幕開けである。


蟹田駅に「カニ駅長」お目見え
(どうしんWeb 北海道新聞 05/14 11:05)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/aomori/372048.html
 外ケ浜町のJR津軽線蟹田駅の観光駅長に12日、「陸奥湾の毛ガニ」と呼ばれるトゲクリガニが就任した。駅前広場の休憩所に駅長室に見立てた水槽を設置。「観光カニスマ駅長」として行楽客をVサインで出迎える。

 JR盛岡支社によると、同社販売促進課が臨時快速列車・リゾートあすなろの乗車率向上と津軽線の活性化を模索する中で、外ケ浜町のカニが話題に上り、旧蟹田町の名物であるトゲクリガニに白羽の矢が立った。

 町と蟹田駅前市場物産施設運営協議会の協力を得てトゲクリガニを捕獲。観光駅長室を設けた休憩室には、観光駅長をキャラクター化した「津軽蟹夫」の顔出しパネルを置いた。

 父親と見に来た青森市の坪結菜さん(11)は「ネコの駅長は聞いたことがあるけれど、カニの駅長は予想外でおもしろい」と笑顔。蟹田駅の須藤和紀駅長は「観光客をひきつける起爆剤の一つとして、津軽線を盛り上げてもらいたい」と“カニの駅長”に期待を寄せた。




「観光カニスマ駅長」の下りはスルーするとして、
坪結菜さん(11)は伊勢えび駅長の存在を是非知ってほしい。

なお、今回新たに就任するのは可児駅の駅長ではありません。念のため。