てなもんや四三式試製飛行機計画要求案摘要

モブが好きです。例えるならラーメン界で言うくるまやラーメンです。

このBlogの見どころ

auひかり AtermBL172HVで自前ルータを使う

フレッツ光からauひかりに変えた。

具体的にはSo-net auひかりマンション タイプV16契約以上に。

 

すると、レンタル機器としてAterm BL172HVなる機器が届いた。どうやらVDSLモデム搭載ホームゲートウェイらしいが、無駄にでかい。何故かと思ったら、どうやらルータ一体型だから、らしい。


ルータ一体型なので、単純に考えると今までのルータ(Aterm WR8370N)が使えなくなってしまう。しかしながら、BL172HVのルータ機能は貧弱&無線LANのために結局今までのルータを無線LANアダプタとしてつないでおかなければならない、などの制約がある。

なので、BL172HVのルータ機能を使わずに今までのWR8370Nをルータとして使ってみる。

 

 

BL172HVはホームゲートウェイ部とルータ部が一体化しているものの、内部構造としては物理的に分離している。よく見ると背面にもホームゲートウェイ側のHGWポートとルータ部のWANポートを接続するための短いLANケーブルが配線されており、一体になっていないことがわかる。そりゃあでかいはずだわ。


まぁ、確かに初心者からすればルーターまで一体化していた方がいいに決まっている。下手に構成ラインナップを分けるのもコスト高。10%のマニアのために高機能なものを用意するより90%の初心者のために置くだけでOKなものを用意したほうが理にかなっている。


とはいうものの、やはりカスタマイズ性の余地は残しておいてほしい。
幸い、今回内部構造としては分離されているので、そのあたりは(意図したものなのかたまたまなのかはわからないが)救いの手があった、ということになる。


考え方はシンプル。HGWポートとWR8370NのWANポートをLANケーブルでつなぐ。また、auひかりはホームゲートウェイのWAN側MACアドレスで認証を行っているらしいので、WR8370NのMACアドレス偽装機能を使用して対策する。

・・・しかし、MACアドレス偽装って凄い機能だな。今どきのルータには標準搭載ってところもびっくり。確かに今回みたいなインターネット接続のケースでは有用なんだろうけど、MACアドレスの本来の考え方と矛盾してるよな。


まずはBL172HVの設定。
初期IPは192.168.0.1なので適宜変更する。
自分の場合はルータ環境と同じNW体系(下記例だと192.168.0.99)にしておいて、さらにLAN接続しておいた。(ホームゲートウェイとルータとで2本接続しているイメージ)
こうすると、ケーブルをつなぎかえることなく、いつものPCでBL172HVの設定とWR8370Nの設定を参照・変更できるので便利。

 

接続構成としてはこんな感じ。

f:id:type43:20141013123845j:plain



次にBL172HVのWAN側MACアドレスを確認。

f:id:type43:20141013123915j:plain

これをコピっておく。


WR8370N側は基本設定からPPPoEモードではなくローカルルータモードに切り替える。
BL172HVは自動でプロバイダのID/パスワードが刷り込まれて認証するやり方らしく、意図して登録する必要がない(これはこれで便利)。なので、ルーターからのPPP認証が不要なので、ローカルルーターとしてだけ機能するようにしておく。

f:id:type43:20141013123943j:plain



次に偽装MACアドレスを設定する。WAN側疑似MACアドレス機能を「使用する」にし、先ほどのMACアドレスを入力。

f:id:type43:20141013124202j:plain

 

確かデフォルトでなってたと思うが、接続先設定画面で、DHCPクライアント機能(”WAN側”で、DHCPを利用してIPアドレス等々を自動設定する機能)を「使用する」にしておく。

また、ゲートウェイアドレスはサーバから割り当てられたアドレスを「使用する」にしておく。

f:id:type43:20141013124247j:plain

これで終わり。意外に簡単。

 

現在の状態を見ると、無事WAN側状態にIPアドレス等々が割り当てられている。

(2015/5/6追記。事情により初期化して再設定した際、ここがすぐ反映されず、背面のRTスイッチをAPに切り替えて電源OFFON→再度RTに切り替えて電源OFFON、みたいなことをやったらようやく反映された。実際は少し待っていればつながったのかもしれないけど・・・)

f:id:type43:20141013212258j:plain




我が家でのこの構成の通信速度は概ね65Mbps〜80Mbpsぐらい。

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.5001
測定日時: 2014/10/13 21:24:03
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 77.25Mbps (9.66MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 78.07Mbps (9.76MB/sec)
推定転送速度: 78.07Mbps (9.76MB/sec)

 

------------ Broadband Networking Report ------------
<アップロード速度> データ転送速度: 15.18Mbps (1.89MB/sec)
転送データ容量: 1000kB 転送時間: 0.527秒
-----------------------------------------------------
測定日時: 2014年10月13日(月) 21時24分
利用ブラウザ: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
-----------------------------------------------------

 

速度的な影響もない感じ。というか十分でしょう。
今後は外部公開できるようにしてみよう。

 

ところが、この構成にした時に無線LANで一部問題が。

詳しくは次の記事にて。

広告を非表示にする