読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

旭山動物園 ペンギンの散歩を徹底攻略(ルートとか見学メモとか撮影ポイントとか)

大いなる旅路

北海道の有名遊園地旭山動物園。そこの冬季名物といえば、ペンギンが園内を闊歩する「ペンギンの散歩」。

 

たまたま旭川に寄る機会があったので、その撮影についてメモ代わりにご紹介。

f:id:type43:20170319223447j:plain

 


<「ペンギンの散歩」について>
2002年にペンギンの運動不足解消を目的に実施され、旭山動物園の最大の名物イベントとなった企画。内容はタイトルの通り。ペンギンが集団でただ歩く。それだけ。

しかしながら、ペンギンを目と鼻の先で見ることができる&長距離の徒歩移動シーンを見ることができるというのは他動物園では(たぶん)見ることのできない貴重な光景だろう(良くて水槽に飛び込むシーンぐらいか)。
※関係ないけど、そういえば埼玉のこども動物自然公園では土の山に過ごすペンギンが見れるとか。


開催期は12月後半~3月中旬まで。積雪状況によって変わる。(2017年3月現在)

実施時間は11時00分と14時30分が基本。ただし3月に入るとキングペンギンの羽の生え変わり時期の都合、11時00分だけになったりする。2017年は生え変わりが遅い、ということで午前・午後の2回開催だった。この辺は来場前に公式HPでチェックが必要。



<移動ルート>
園内公式マップにルートを上書きしてみた。

f:id:type43:20170319223020j:plain



ぺんぎん館の屋外展示エリアのゲートからクジャク舎近くまで歩き、その先で折り返しルートで帰ってくる。結構長い。踏破は賞味40分ぐらい。はっきりと雪道が形成されているので、不安な人は入園後、光線状態とかも含めて下見をするとよいだろう。

以下、このルートマップに記載した番号に従って述べる。



<その前に>
最初に言っておくが、往復40分近くかかるので後半は観衆も減ってくる。なので、序盤で良い位置が確保できなくとも焦る必要はない。また、やはりペンギン周辺は人だかりができるのだが、最前列は腰を下ろすように指示されるため、ただ見るだけなら最前列を確保しなくとも大丈夫。むしろ、焦って動物園スタッフに迷惑をかけないように。

序盤で場所を確保する場合は15~20分前には待機しておいた方がよい。10分前にはもうすでに最前列は埋まっているような状況だった。関東の人はディズニーランドのエレクトリカルパレードをイメージするとよいかも。
その代わり、ぺんぎん館の水中通路はガラガラになるので、ここでの撮影をメインに据えている人にはチャンスになる。

f:id:type43:20170319223042j:plain

※ちなみに人が減り、浮かれてこんな撮りまくっていたおかげで場所確保ができなかったのが私。

また、3月も過ぎるとキングペンギンの羽の生え変わりが始まり、見栄えが悪い(悪いく言えば汚い)状態になる。時期的には1月~2月がよいと思われる。

f:id:type43:20170319223107j:plain




<見学・撮影ポイント>
①ゲート前
ペンギンが展示エリアから出てくるポイント。やはりここを中心に人だかりができる最混雑ポイント。
ただ、周囲に降雪があるわけでもなく、人もわんさかいるので、撮影スポットとしては微妙?ただし、冒頭の係員からの案内説明を聞くことができる(②ぐらいの位置になるとほとんど聞こえない)ので、イベント感を楽しむならここを押さえるとよいと思わえれる。
復路でも当然通るので、そのあたりは⑩でご紹介。


②通路

f:id:type43:20170319223215j:plain

ペンギンの散歩前は基本的に横断が禁止され、メイン通路はスタッフが誘導している。ここは散歩が始まると閉鎖されるため、出遅れた時に最前列を挽回できる大逆転チャンススポット。とは言うものの、皆同じようなことを考えているので、最前列を確保できないとむしろ見づらいポイントにもなる。

 

ちなみに2列目から撮影した様子。

f:id:type43:20170319223652j:plain

f:id:type43:20170319223754j:plain



ちなみに2017年3月中旬時点では園奥から園入り口に向かって順光。なので、園奥側に布陣するとよい。


③屋根前
④最初の曲がり角

f:id:type43:20170319223238j:plain

f:id:type43:20170319223250j:plain

(散歩終了後に撮影)

③のスポットはなぜか屋根が設置されている。
つまり、晴天時も日陰になってしまう。空いていたとしても撮影には向かないので避けるべし。もちろん見るだけならここで十分。

④は外側に布陣すれば、散歩中のペンギンを正面から押さえることができる(と思われる)。たぶんゲート付近の様子も撮れる。(300㎜ぐらいないとダメかな?)
実は復路のルート合流地点。往路はここから上り坂になる。

 


⑤あざらし館前通路
ここは殆ど日陰になってしまうのでお勧めしない。

f:id:type43:20170319223420j:plain

小さいのはキングペンギンではなくジェンツーペンギン。

ギリギリ光線の入るところ(上の写真の少し手前)を撮影するとこんな感じ。

f:id:type43:20170319223447j:plain




⑥崖上

f:id:type43:20170319223812j:plain

ここは崖状になっていて、復路ではこの崖下を通る。
ここまでくるともうガラガラ、とは言わないが場所の確保は余裕。
だって、①~④、⑤あたりで撮影した後でも最前列確保できるんだもん。
(2017年3月中旬の平日の場合。土休日は厳しいかも。)

f:id:type43:20170319223912j:plain



⑦崖上終点付近の曲がり角
ここも正面から押さえられる。

f:id:type43:20170319223958j:plain

f:id:type43:20170319224040j:plain

⑥の撮影後でも確保できるぐらい空いているのでお勧め。割と「見たからいいや」という感じで離脱する人が多い印象。


⑧折り返し地点

f:id:type43:20170319224121j:plain

f:id:type43:20170319224131j:plain

スロープで一時停止。
高所からでも良ければ崖上から全景を撮れるのでお勧め。


⑨崖下
背面が崖なので人の入らない構図が撮影可能。ここで多少観衆の数が戻ってくる。
・・・が、当日は逆光気味だったので、⑤付近の崖上から全体を撮影。鉄道ならグッとくるポイント。

f:id:type43:20170319224226j:plain

f:id:type43:20170319224320j:plain

f:id:type43:20170319224342j:plain



⑩ゲート前
復路も終盤になるといよいよ観衆が減ってくる。ペンギンの姿が見える前に場所を押さえたが、人っこ一人いないような状態で、無事アリーナ席をGET。
ゲート前のくぼんだ位置は最終的に柵で締め出されるので、角位置を押さえておくのが無難。

 

②あたりの位置も狙える。

f:id:type43:20170319224434j:plain

f:id:type43:20170319224610j:plain




もちろん屋外展示エリアに戻るシーンも見れる。

f:id:type43:20170319224503j:plain

f:id:type43:20170319224640j:plain



このあと、時間的にあざらし館のもぐもぐタイム(餌やりタイム)が始まるので、そこに流れるのが良い感じ。前述したが、この動物園自体がそこまで広くないので、ペンギンの散歩をじっくり見ても大丈夫だと思う。

 

このペンギンの散歩をはじめ、園内は工夫された展示の目白押し。個人的には上野動物園よりも好きかも。おススメ。

7年ぶり!横浜大さん橋にナッチャンWorld再来航!(2日目・船内公開後半~自衛隊車両搬出・出航編)

雑記::イベント

前回(下記事)の続き。

 

 

f:id:type43:20170311130146j:plain

 

さて、見学ツアーは船橋(ブリッジ)見学の順番がバラバラだった分、その後は自然解散のような形に。


降りたところではまた制服の自衛官がいろいろと質問したりと立ち話。流石幹部or幹部候補(たぶん)。熱心だ。

f:id:type43:20170311115837j:plain

 

続きを読む

7年ぶり!横浜大さん橋にナッチャンWorld再来航!(2日目・ドキッ!自衛官だらけのナッチャン船内公開編)

雑記::イベント

前回(下記事)の続き。

 

f:id:type43:20170304152935j:plain




さて翌日。年休取ってバッチリ!・・・といいつつも朝の用事があり、現地着は10時過ぎ。もちろん自衛隊車両の搬入等はチェックできず。


おはよう!ナッチャンWorld!ブルーハピネス!12時間ぶり!

f:id:type43:20170304150441j:plain

f:id:type43:20170304150450j:plain

f:id:type43:20170304150502j:plain


早速昼ナッチャンを堪能。

f:id:type43:20170304150524j:plain

f:id:type43:20170304150532j:plain



ムフフ・・・



さて、今日のメインはナッチャンWorld船内公開。陸上自衛隊PFI仕様に改造された船内をチェック!



・・・っ!?

f:id:type43:20170304150620j:plain


いきなり迷彩服の集団!!??


演習というのは伊達じゃない・・・!!てか、横浜大さん橋というオサレスポットで自衛官を見ると違和感がw


その脇でナッチャンは佇む。

f:id:type43:20170304150636j:plain



ブルーハピネスのイベント看板を見てテンションが上がってくる!!

f:id:type43:20170304150648j:plain




横浜大さん橋の屋内に入る。

f:id:type43:20170304150700j:plain



ブルーハピネスへの誘導が目立つが、この奥がナッチャン見学路。右は招待客・VIP受付。

f:id:type43:20170304150713j:plain




きたきたきたー!!

f:id:type43:20170304150738j:plain



自衛隊的な匂いを感じるランプウェイ!!(実際自衛隊向けに後付けされたものだとか)

f:id:type43:20170304150752j:plain




この船体はやっぱり素敵ですよね~

f:id:type43:20170304150808j:plain




ついに到着。わくわくわくわく

f:id:type43:20170304150823j:plain




ちなみに反対を見るとブルーハピネスのお尻が。でけえ!

f:id:type43:20170304150835j:plain




渡りました。ついに乗船!!!!

f:id:type43:20170304150915j:plain




ひろーい!

f:id:type43:20170304150930j:plain




そして早速、目玉(?)の自衛隊車両がお出迎え。横にいる自衛官が緊張感を高める!!w


まずは3 1/2t トラック(所謂、3トン半)+渡河ボート

f:id:type43:20170304151039j:plain

f:id:type43:20170304151109j:plain



道路障害作業車

f:id:type43:20170304151155j:plain

f:id:type43:20170304151212j:plain



全般的に災害時対応をテーマに展示をしているみたい。


高機動車

f:id:type43:20170304151240j:plain

f:id:type43:20170304151307j:plain




KAWASAKI!(偵察用オートバイ)
かっこいー!!

f:id:type43:20170304151324j:plain

f:id:type43:20170304151345j:plain




そのほか、災害救助装備等。

f:id:type43:20170304151405j:plain

f:id:type43:20170304151416j:plain

f:id:type43:20170304151426j:plain

f:id:type43:20170304151436j:plain

 

 

展示全景

f:id:type43:20170304151528j:plain




奥はこんな感じ。

f:id:type43:20170304151512j:plain





そして何故ここに?と話題のオリックスレンタカーブース。

f:id:type43:20170304151547j:plain

テスラ・ロードスター。かっこいい!

f:id:type43:20170304151559j:plain



スタッフの人に聞いてみた。
俺「なんでレンタカー?」
スタッフ「これら全部電気自動車なんです。船内で充電することができる、ということで災害時に役立つという理由で展示しています。」
俺「なるほど」
スタッフ「まぁ、災害時向けじゃないのも展示しちゃっていますが笑」
俺「そうですね笑」


そして油断すると迷彩服の自衛官だけでなく、制服の自衛官も多々見学していてビビる。どちらかというと迷彩服の自衛官はスタッフ的な立場なのかも。

f:id:type43:20170304151756j:plain




2階デッキへ。

f:id:type43:20170304151813j:plain

f:id:type43:20170304151825j:plain



上からランプウェイを眺める。

f:id:type43:20170304151900j:plain



うーん、広い!

f:id:type43:20170304151914j:plain




さらに奥に進むと・・・な、なんだこれ!!

f:id:type43:20170302233449j:plain




なんと自衛隊による講話会が開かれていた。確かに最初の告知記事みると講話とは書いてあるな・・・。
この辺の詳細は以下記事にて紹介。いろいろ興味深い話も聞けました。

type43.hatenablog.jp



その後、PFI事業を請け負い、ナッチャンWorldの運航を担う高速マリン・トランスポート社による船内見学ミニツアーが開催。事前の案内で「今回公開していないエリアも見学できます」と言っていた(!)ので、参加してみた。


社員を先頭に集団でゾロゾロ歩く。

f:id:type43:20170304152025j:plain

参加者は大半がジジババ紳士・淑女。若い人(30代含む)はほとんどいない。この人たちはたまたま横浜散策中に見かけて来たのか、イベントを聞きつけてきたのか、フェリーファンは高齢が多いのか、実はミリヲタなのか・・・謎だ。。。

ここは旧エコノミーエリア。座席はすべて取っ払われており、雑魚寝クッションが収納された棚が一面に並べられている。(上の写真は雑魚寝状態を展示したもの)

f:id:type43:20170304152052j:plain

f:id:type43:20170304152100j:plain



背もたれ部にあたるクッションをはがしてみると、中には救命胴衣が。

f:id:type43:20170304152314j:plain



確かにこれで自衛官が休息を取るのはキツそうだ。逆に災害時の避難施設としては十分か?高速マリン・トランスポート社員が説明員として居たので話を聞いてみると、戦車輸送で話題になった2014年の大分演習では2席に一人ぐらいの感じで演習(移動)中の自衛官が利用してたんだとか。


さらに奥に進むと喫煙所として解放されている屋外デッキへ。昨日(28日)の公開ではドアは締められていたそうで喫煙者以外が外に出られることを知らなかったらしいが、今日の公開では常時解放状態。

f:id:type43:20170304152335j:plain



ちょうど喫煙所の上部には冷蔵用設備(と言っていた記憶)があるんだとか。

f:id:type43:20170304152349j:plain



そして待望の4F、旧エグゼクティブクラスのフロアへ。講話会場の隣のらせん階段を上ってくる。ちなみに今回の船内見学時以外は閉鎖されていた。(船内ツアーに紛れて上ってきた人もいたみたいだが)

f:id:type43:20170304152410j:plain



油断すると迷彩服の自衛官が上ってくるからビビる。

f:id:type43:20170304152436j:plain



上の写真の奥の個室(今回は非公開)には迷彩服の自衛官がおり、弁当が山積みになっていたので、スタッフ休憩室のような形で使われていたと思われる。

フロア入口の扉部。こういうデザインがまだ残っているところがナッチャンWorldの魅力。

f:id:type43:20170304152504j:plain



旧エクゼクティブ席は残念ながら撤去され、3Fと同じような簡易ベッドが敷き詰められていた。

f:id:type43:20170304152528j:plain



エグゼクティブ席の名残。確かこの席で乗船した記憶。悲しいなぁ。

f:id:type43:20170304152547j:plain



モニターなどは外されている。

f:id:type43:20170304152600j:plain



先頭座席跡は棚位置の都合、謎スペースと化していた。

f:id:type43:20170304152617j:plain



あんな豪華絢爛な席だったのに見る影もない・・・。



そしてここからが凄い。なんと船橋(ふなばしではありません。せんきょう、つまりブリッジ、指揮所のこと。護衛艦やら戦艦だと艦橋といわれる部分ですな)見学ができるというアナウンス!な、なんですと!!!口の中がアドレナリンの味がするぜ!!

でも狭いので人数を絞って順繰りに公開。以下、待ちの人々。

f:id:type43:20170304152720j:plain




どうやら自衛隊も見学しているらしく、それ待ちらしい。そしていざ!!

f:id:type43:20170304152758j:plain




と、ふと入口にあるキングファイルが気になり撮影。
FINISHED PLAN??ナッチャンWorldに関する終了した計画がまとまってるんだろうか・・・?

f:id:type43:20170304152841j:plain




さあ!船橋だ!!・・・って制服さんがいっぱい!!

f:id:type43:20170304152935j:plain

 

こんなシチュエーション経験したことないw



今日の場に来ている制服の自衛官って、少なくとも幹部または幹部候補生なんだろうなぁ。いろいろ直さないと使えないな~とか、結構真面目に確認・討議している様子。今回の公開って、演習とされていることからもわかる通り、着岸シミュレーションであることは間違いなのだが、それ以上に実船を利用した自衛隊内の視察・研修イベントという意味合いのほうが強いのかもしれない。

案内役の社員と「お!」と言いながら握手していた様子も。高速マリン・トランスポート株式会社は予備自衛官で構成されているらしいので、もしかしたら案内役の人、結構な役職だったのかも。(ちなみに船長は元ヘリ空母・ひゅうがの艦長らしい。まさか・・・)

ちなみに今回の公開には陸自幕僚長も来ていたらしい。


で、改めて船橋全景。

f:id:type43:20170304153027j:plain

f:id:type43:20170304153037j:plain



海図?キャンパスノート使ってる。

f:id:type43:20170304153100j:plain



緊急連絡体制表が掲示。

f:id:type43:20170304153117j:plain



入り口脇にはソファと製図用?の机。

f:id:type43:20170304153136j:plain



なぜか流し台が。

f:id:type43:20170304153150j:plain



そして、神棚。下の扉は船橋入口のドア。

f:id:type43:20170304153226j:plain




いやあ、貴重な経験ができた。このツアーに参加しないと見れないとのことなので、両日50人ぐらいしか見れなかったんじゃないだろか。これだけでも大満足、来た価値があったぜ。


(船内見学の続き・車両搬出・出航編に続く)



7年ぶり!横浜大さん橋にナッチャンWorld再来航!(1日目・夜ナッチャン編)

雑記::イベント

今や自衛隊所属のイメージなナッチャンWorldが7年ぶりに横浜大さん橋に来航するとの電撃情報をキャッチした。
ナッチャン好きとしては行くしかない!!

 

f:id:type43:20170303200106j:plain

 

 

続きを読む

ナッチャンWorld横浜来航時に陸上自衛隊の人にPFIの取り組みについて色々聞いてみた

雑記::イベント

2017年2月28日〜3月1日に横浜大さん橋にて自衛隊PFIの代表格ナッチャンWorldが来航&公開。

 

f:id:type43:20170302233427j:plain


公開に行ってきたことの詳細は別に記すにして、公開時には陸自のミニ講演会が開催されており、様々な活動についての広報を行っていた。その際に自衛隊の方に直接話を伺えるタイミングがあったので、その時のまとめ。

 

続きを読む

ドリフターズ全員集合舞台セット展「覚えていますか?8時だヨ!全員集合山田満郎セットデザイン展」に行ってきた。

雑記::イベント

Twitterを見ていたら衝撃のニュースが飛び込んできた。

 

f:id:type43:20170225013634j:plain

 

ドリフ:驚きの大仕掛け 「全員集合」ステージセット披露 - 毎日新聞

【魚拓】ドリフ:驚きの大仕掛け 「全員集合」ステージセット披露 - 毎日新聞

東京・調布の市文化会館たづくりホールで21日から

 かつて国民的人気を博したテレビのバラエティー番組「8時だョ!全員集合」。ザ・ドリフターズのコントとともに視聴者を楽しませ、時に驚かせた大仕掛けなステージのセットデザインを振り返る展覧会が21日から、東京都調布市小島町2の市文化会館たづくりホールで開かれる。

 「全員集合」は1969~85年、TBS系で土曜夜8時から放送された。全国のホールを会場にした公開生放送で、最高視聴率は50.5%。「お化け番組」とも言われた。

 セットを初回から15年間担当したのはセットデザイナーの山田満郎さん(43~2016年)だった。ステージの上で本物の車が宙を飛び、建物が転がるなどの「屋台崩し」や、コント終了後すぐ歌のコーナーに転換する「盆回り」など大仕掛けの数々で番組を盛り上げた。80年にはすぐれた舞台・テレビ美術家に贈られる伊藤熹朔(きさく)賞をバラエティー番組史上初めて受賞した。

 演劇や建築とは異なり、毎週違う場所で一夜限りのステージを制作する過酷な条件を、山田さんは、テレビの挑戦の場ととらえ、常に「見たことのないもの」を形にしようと、笑いのアイデアの詰まった図面を引き続けた。昨年6月に73歳で亡くなったが「若い後輩たちの役に立てれば」との遺志に応え、学友や元同僚らが尽力。非常勤講師を務めていた東放学園専門学校(杉並区)テレビ美術科の卒業制作展の一角で、展覧会が実現した。

 デザインの原画や大道具の「道具帳」、舞台写真や模型など山田さんが保管していた資料約100点がいずれも初公開される。次男太平さん(45)は「テレビを囲み、お茶の間が笑いに包まれた時代を懐かしんでほしい」と話している。24日まで、入場無料。

 

 

えっ!あの全員集合のステージセットが見れるの!?しかもあの「たづくり」(※調布の文化センター。一時期調布に入り浸っていた時期があり、中に入っていた図書館をよく使っていた馴染みの施設)で!?

 

続きを読む

今更Xperia ZL2 SOL25をroot済Android5.0にアップデート

デジモノ

自分用メモ。

 

参考にしたのはこちら。

Xperia ZL2 SOL25をroot取りながら5.0へアップデートする方法|vecterの日記

 

有名なキューブキューブ氏のXperiarootkitは特定のPingPong root(CVE-2015-3636)脆弱性を突いたものだが、Android5.0のリリースあたりを皮切りにXperiaではセキュリティホール対策が取られている。

よって、旧OSでroot化し、その後、prerooted.zipというroot環境を維持しつつアップデートできる代物(ファームウェアみたいなもん)を使い、作業を行うことになる。

 

このprerooted.zipはTWRP(Team Win Recovery Project。同名のプロジェクトが公開しているAndroidBIOSみたいなもので、一般には「リカバリ」とか言われているが、リカバリを導入って意味わからんよな)に用いるもので、最新バージョンのFTF(FlashToolFileの略のようで、Flashtoolで焼けるFirmwareみたいなもの。てことはFTFファイルって表現は間違いなんじゃないか?)を元ネタにRPFCreatorというツールで作成する。とにもかくにも略称ばかりで難しい。

 

①まずはRPFCreatorのDL。執筆当時最新のv1.3を使用した。

[TOOL] PRFCreator - easily create pre-rooted firmwares

 

続いて、XperiaのFTF。

Xperia FTF

からDL。

最初に初期Verに戻す必要があるので、最新と合わせて2種類DLする。

② SOL25_17.1.C.0.307_KDDI_JP.ftf | by AndroPlus for Xperia Z5

③ SOL25_23.1.G.2.151_1281-2928_R18C.ftf | by AndroPlus for Xperia Z5

 

④更にZ2-lockedDualRecoveryというTFTのroot化&TWRP導入便利ツールみたいなものを

-=- [NUT]'s XDADevelopers downloads -=-

の最下部から「XZDualRecovery」⇒「XZDualRecovery_x.x.xx」と下りDLする。

自分がDLしたのはZ2-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip。

http://nut.xperia-files.com/path/XZDualRecovery/XZDualRecovery_2.8.26

 

⑤SuperSUというroot前提のSuperUser化ツールをDLしておく。

最新版もあるみたいだけど、とりあえず安定してそうなUPDATE-SuperSU-v2.46.zip

https://download.chainfire.eu/696/SuperSU/

 

 

1.prerooted.zipの作成

①を使って、③5.0のFTF+④Z2-lockedDualRecovery(zipのまま)+⑤SuperSU(zipのまま)を結合する。includeの欄とsign zipは全て選択するところがミソ。

生成されたflashable-prerooted-signed.zipを使う

 

2.旧OS(工場出荷状態)に戻す

Xperiaを任意のバージョンへダウングレード・アップグレードする方法 | モバイル@エンジニアの休日

を参考にFlashtoolで②4.4のFTFをXperiaに適用する。

 

3.rootを取得する。

キューブ実験室: 【Xperia】各機種ワンクリックroot取得【Z/Z1/Z2/Z3 等】

を参照のこと。rootkitXperia_20150926.zipを使用。

Xperia側のUSBデバッグを有効・提供元不明のアプリにチェックをし(詳細割愛。後者は今のタイミングでやる必要もないのかもしれないけど)、事前にPCとXperiaを接続した後にコマンドプロンプトでadb shellが使えることを確認しておく。

rootkitのinstall.batを起動する際は、右クリック→管理者権限での起動はしないこと!(結構ここでハマる)。また、Xperia側にUSBデバッグのポップアップが何度も出る点に注意。PCを記憶しておくみたいなチェックがあるので早めに有効にしておくのが良い。

 

4.TWRP導入

3のroot化ができていればここはすんなりいけるはず。

XperiaとPCを接続(3の完了状態のままでもいけるのかも)し、④Z2-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zipを解凍した中にあるinstall.batを叩く(もちろん管理者権限で起動しない)。

選択肢が出るので、「1」(Installation on ROM rooted with SuperSU)を実行。

文字面だけ見るとSuperSU適用したROMのインストール、なのだが、実際にはここでTWRPが導入される。他にも何かやってるのかもしれないけど。

 

5.TWRPの起動とprerooted.zipのインストール

1で作ったflashable-prerooted-signed.zipをXperiaに移しておく。dropboxとか経由させてブラウザからDLするとdownloadフォルダあたりに格納されるので便利。

電源オフオンし、Sonyロゴのところでボリュームダウンボタンを連打。TWRPが起動するので、install→flashable-prerooted-signed.zipを選択。signed verifyみたいなチェックがあったけど、もしかしたらここで証明書チェックとかやってくれるかな?よくわからないのでチェックせずに先に進める。

そして、インストールを実行すると表示される「pre rooted Firmware」の文字。やっぱりファームウェアファイルなんですね。

インストールが終わるとWipe Cashe&Delvikという選択肢があるのでそれを実行(たぶんキャッシュのWipe(削除)だと思う)。

Rebootして完成・・・だが、一応SuperSUはインストールしておいた。無くてもいいのかな??

 

 

rootkitの導入はすでにされていたので作業は賞味3時間程度。rootkit入れるところからだと4~5時間ぐらいかかるかな?