てなもんや四三式次世代輸送システム

美味しいチャーハンを追求するチャーハンブログです。

このBlogの見どころ

竹鶴12年 VS 竹鶴 本番

http://type43.hatenablog.jp/entry/2013/11/14/003958

の続き。

 

いよいよ竹鶴12年と竹鶴ピュアモルトを飲み比べ。

今日の結果によっては竹鶴12年を買いだめしておくことになる大事な一戦である。

 

という訳で瓶から比較。

f:id:type43:20131114221653j:plain

竹鶴ピュアモルトから早くも漂う安っぽさ('A`)

 

 

 

今晩はチェアマン、ではなくチェイサーにくまモン投入。

瑞鷹というカップ酒のグラスにサントリーの天然水を注いだだけ)

f:id:type43:20131114222114j:plain

 

 

 

まずは香りから。

 

竹鶴12年は・・・香るねぇ~。漂う旨さ。

一方竹鶴ピュアモルト。

 

 

酸っぱい!!

 

 

なんとうか、香りの時点で我が軍は圧倒的じゃないか。

 

しかし、同じ製品名、同じ価格帯でここまで変わるかね。

竹鶴12年の「芳香」と比較すると、竹鶴ピュアモルトは明らかに「若い」。

 

 

 

続いて味わう。

うめえ!って感じたいから劣勢な竹鶴ピュアモルトから。

 

 

う~~~~~~~~~~~~~ん

 

 

 

微妙。やっぱ辛い、というかトゲトゲしさがあるわ。

 

昨日の印象は正しかった。

 

チェイサーでも消えない辛辣な味わいというかなんというか。

 

 

続いて、本命竹鶴12年。

 

 

 

うむ。

 

 

口の中で香る。というか香りを楽しむ余裕が有る。

 

 

結論としては比べ物にならなかった。

つーか、竹鶴ピュアモルトをわざわざ選ぶ必要性が無い。

素人目に見ても若すぎる。

 

こりゃー12年買いだめ決定だわ。

 

 

ちなみに価格比較。

カクヤス基準だと竹鶴12年が2,300円、竹鶴ピュアモルトが2,080円。

やまや基準だと竹鶴12年が2,080円、竹鶴ピュアモルトが1,980円。

 

やはりこの値段差でここまで変わるか~?

 

 

 

広告を非表示にする